Top > アミノ酸シャンプー > アミノ酸シャンプーはなぜ髪にいいのか?

アミノ酸シャンプーはなぜ髪にいいのか?

テレビコマーシャルやインターネットのウェブサイトでは新たに販売されるシャンプーの情報が次々と見受けられますが、数ある中で最良であると言われているのがアミノ酸シャンプーです。

すっかりお馴染みになりつつある上に、サロンで働く美容師達も積極的にアミノ酸シャンプーの使用を推奨しているので、耳にしたことがある方が多いものの具体的にどういった特性があるのかは不明瞭であるというのが事実です。

そこで、アミノ酸シャンプーについて理解を深める時に目を向けるべきなのは、一般的なシャンプーについてであり、比較することによりアミノ酸シャンプーがどれほど頭皮環境に対して良い作用をもたらすのかがわかるようになります。

通常の製品は頭皮や頭髪に付着している汚れを除去すべく、洗浄力が高めにする目的で水と油を配合して生成されています。

しかし、多くの人々に知られているように油と水分はどれほどかき混ぜても混ざり合うことはないので、しっかりと混ぜ合わすことができるように界面活性剤を追加しているのです。

こうした様子から一般品は界面活性剤と水分で成り立っていることが理解できるのですが、アミノ酸シャンプーはアミノ酸系の栄養素を用いているということになります。

こうした構成を知ることができたら、次は人体の仕組みついて知っていくとわかりやすいのですが、特に注視すべきなのは人体は全体のおよそ7割が水分であり、残りの3割がたんぱく質であるということです。

頭髪についても例に漏れずたんぱく質であり、ケラチンという名称が付けられており18種類ものアミノ酸が集まって成り立っています。

つまり、全ての根底に存在しているのはアミノ酸でありアミノ酸シャンプーを用いるという事は、頭部は当然のことながら全身により良い効能をもたらすというわけです。

また、日常生活における紫外線やストレスなどで栄養素が少しずつ減少していくのですが、アミノ酸シャンプーをいつも使っていると毎日の入浴時に補充させられます。

アミノ酸シャンプー

関連エントリー
アミノ酸シャンプーはなぜ髪にいいのか?